◆細くなりやすい脚をつくる〜左の鎖骨部が重要な理由

下半身にたまった余分な水分や老廃物は、ソケイ部のリンパ節から腹部内部を通って左鎖骨部のリンパ節へと流れ込みます。

その後心臓→腎臓→対外の順に排出されます。

この理由から、左側の鎖骨部のリンパ節が下半身のむくみをとる上で重要なポイントとなるのです。

下半身を含む人体の3分の1のリンパ液は左の鎖骨部へと流れ込みます。

太ももの付け根部分であるソケイ部が重要なのも同様の理由からです。

せっかくマッサージで、流れの良くなったリンパもこの2点で滞ってしまうと、かえって悪影響を及ぼしかねません。

リンパ液がソケイ部と左鎖骨部で滞ることのないようにしっかりと丁寧にマッサージしてあげましょう。

以上で基本のむくみとりマッサージは終わりです。

この間約10〜15分くらいで行えると思います。
あまり長時間行わないようにしましょう。

人によっては長時間マッサージを行うと疲労感を感じることもあるからです。

1日、2〜3回行えると最も効果が高いですが自分のおこなえる回数で実施してかまいません。

ここまでのベーシックマッサージを続けることでむくみがとれ、チェックテストのむくみタイプの人はかなり効果が期待できます。

できるだけ毎日行いましょう。






>> 細くなりやすい脚をつくる バスタイムを有効に