◆知ることが必勝法〜からだの歪みのテスト

O脚は、脚の筋肉のつきかたからくる歪みと、骨盤の歪みによるものがほとんどです。
骨盤の歪みだけでも身体にたくさんの悪影響を及ぼします。

下記の状態も身体の歪みが原因と言えます。

■ 脚の長さが左右でちがう
■ 膝の高さが左右でちがう
■ 片方の肩だけがこる
■ 片方の足だけがむくみやすい
■ 猫背である

歪みは確かに身体に良い影響をもたらしませんが、かといってそんなに怖がる必要もありません。

皆さん、「利き手」がありますよね?
それだって、一種の歪みなのです。

大切な事は、自身の身体の状態を正しく把握する事です。
それなしに改善はありえません。

自分の今の状態を知った上で、生活の中で気をつければ、歪みは少しずつ改善されていくのです。

それでは早速、あなたの身体がどれだけ歪んでいるのか、簡単なチェックをしてみま
しょう。

□ 1. 首が左右どちらかに傾いている
首筋の歪みが原因で視力や聴力の左右差、髪型(分け目)などにも影響することがあります。
首・肩・腰それぞれお互いに影響するのでそれぞれが互い違いに歪んでいることも。

□ 2. 猫背である
猫背は背筋に比べて腹筋が弱いことが原因で起こることがあります。
逆に背中の筋肉が日常的に緊張状態であることも考えられ、肩凝りの原因にもなります。

□ 3. O 脚であると思う
骨盤が開いた状態であるため脚の外側の筋肉ばかりを使っているとも考えられます。
骨盤の歪みかもしれません。

□ 4. 肩の高さが違っている気がする
鎖骨部分にはリンパの流れに重要な部分があります。
肩の高さの違いによって肩から上のリンパの流れが滞り、顔のむくみの原因にも。

□ 5. 脚を組んで座る時はいつも同じ脚が上だ
組んだ時に上にある脚の骨盤が上がってしまうことで骨盤の歪みの原因になります。
日常的でよくみかける光景ですがそれだけに注意が必要です。

□ 6.あごが上がりすぎている気がする
腹筋が弱いことが原因で顎が前へでてしまうこともあります。

□ 7.あごが下がりすぎている気がする
首から背中にかけての僧帽筋が衰えていたり血行不良に陥っていたりしていることが考えられます。
猫背につながっていきます。

□ 8. バッグはいつも同じ側の肩にかけているか同じ手で荷物を持っている
重みをささえようとするため、重みがかかっている側の肩が上がってしまうとともにバランスをとろうとするため全身の歪みの原因にもなります。

□ 9. 立っている時には無意識に同じ脚に重心をかけている
重心を掛けた方の骨盤が上がり、歪みの原因になります。
また脚の筋肉の偏った発達を招くこともあり、そのための歪みの原因になることもあります。
ときには意識的に違う側に重心をかけましょう。

□ 10. 知らず知らずに下を向いて歩いていることが多い
いつも下向いていることで首の後から肩・背中へ続いている僧帽筋(そうぼうきん)が緊張し、肩凝りの原因となります。
慢性的な肩こりのほか猫背の原因にもなります。

□ 11. 靴のかかとの外側がとくに減っている
偏った脚の筋肉のつき方に原因があるほか、骨格の問題や疾病によるものもあります。
これらのことが原因で骨盤が開いてしまうことや、O脚に関係します。

□ 12.いつも靴の片方だけがいたむ
これも骨盤が開いてしまうこと、O脚に関係します。
片方の脚の外側の筋肉ばかりを使っていると考えられます。

どうでしたか。
けっこう当てはまる項目があったのではないでしょうか。

もし自分では判らない項目があったら、ご家族やご友人とチェックし合いましょう。

【YES が6 項目以上あると要注意です】

私達が左利き右利きと利き腕があるように日常生活を営む上で歪みの無い事などはありえません。

それは度合いの問題ですが、歪み過ぎる事は身体に悪影響をもたらす事は間違いありません。

大切な事は、先ず自分自身の状況を認識する事です。
改善はそこからはじまります。

さてあなたは「歪みチェック」いくつ当てはまりましたか?
ひとつでも当てはまれば、身体に歪みがあると考えられます。
そしてYES の数が6 項目以上あると要注意です。

日常の何気なく行っている動作に気をつけるとともにすでに歪みを伴っていると思われる部位をストレッチやエクササイズをすることで積極的に改善していきましょう。
でもあまり深刻になりすぎないでください。

何度もいいますが人間の体は完璧に左右同体のひとなどいません。
ただ、歪みをもったまま日常生活を続けていると将来的に不調の原因になることも充分考えられるので、気が付いたら今のうちに改善していけるように事実を認識しておけばいいと思います。


だいぶあなた自身のことがわかってきましたね。
ここでもう一度確認しておきます。

「ダイエットをしても脚は細くなるとは限らない」のです。

ダイエット=体脂肪を落とす・体重を減らす≠脚やせ
といえるからです。

下半身が太る原因はいくつかあるといいましたが、実はほとんどの人に当てはまるのは「むくみ」が原因といえるのです。

むくみは「セルライト」や「水太り」「冷え性」等の原因にもなります。
逆にいえば「むくみ」さえ取れればほとんどの人はサイズダウンができるのです。

サイズダウンして具体的に数字で結果を得られれば、あなたのモチベーションもあがりますよね。

その先は脚の「美しさ」を手に入れるために実行していく番です。

まずむくみを解消し、O脚や歪みの矯正、セルライトの除去などを改善していくとともに、美しい姿勢と正しい生活習慣を身につけていくことであなたの脚は美しく変わっていきます。






>> 知ることが必勝法 やせるタイミング