◆細くなりやすい脚をつくる〜マッサージでむくみを解消

マッサージを行うことで血流やリンパの流れがよくなり、毎日の疲労物質や体内の余分な水分が排出されてむくみが改善されます。

その効果は毎日行うことで確実に効果がありますので、できるだけ毎日の習慣にしましょう。

その日のむくみは、その日のうちに解消しておくことが美しく魅力的な脚線美を手に入れることへの必要条件です。

初めは時間が少しかかるかもしれませんが、慣れてくればリズミカルにテンポよく行えます。


【マッサージのタイミング】
体が温まってリンパ液の流れが良くなっている入浴後に行いましょう。

また就寝前に行うことで寝つきが良くなる効果もあります。


【マッサージの強さ】
マッサージのちから加減は痛みを感じない程度に優しく行いましょう。

リンパは皮膚に近いところを通っているため強い力は必要ありません。

あまり強くすると、血行障害などマイナス効果がありますので注意しましょう。

また、マッサージによってリンパの流れが良くなると尿の回数が増えたり色が濃くなったり、喉の渇きを覚えたりするかも知れません。

それはリンパの流れる量が増えた証拠なので、異常ではありません。

意識的に水分の補給をしましょう。


日常生活でのむくみの原因を取り除きましょう
日々のマッサージやエクササイズのほかに、通勤時間や仕事中でも脚のむくみや疲れを改善し、いっそう脚やせ意識を高めていきましょう。

長時間の立ち仕事はむくみの原因のひとつです。
体の中の水分が重力で段々と下方に溜まって来ます。

そこでポンプの役割をするふくらはぎの筋肉が、十分に活動している人は溜まった水分をふたたび心臓まで押し上げることができますが、そうでない人は下半身にたまったままとなります。

ひどい人は、朝はいてきた靴が退社時には履けなくなっている場合も。
こうした状態を続けているとずっとむくみが引かない脚になってしまいます。
これは疲労物質やリンパ液の滞りですので後に述べる「セルライト」の原因になります。

座りっぱなしのお仕事も同様です。
なるべく血流を妨げない余裕のある服装を心がけ、体を冷やさないようにし、歩きやすい靴を選びましょう。

また、空き時間にストレッチなどで体の代謝機能の回復を図りましょう。
いまはストレッチ効果・緊縮効果が期待できる弾性ストッキング類やソックスがあるので、そういったものを利用するのも効果的です。

医療の現場でも使用されているのでその効果は確かです。


オフィスで脚のむくみを感じたら
むくみはこまめにケアしてあげましょう。

・椅子に座ったまま脚を前に伸ばして足首を伸ばしたり曲げたり回します。



最後に足首をよく回してあげましょう。
これでかなりむくみがとれるはずです。

夕方に足がむくんで、パンプスやブーツが入らないなんてことがなくなるハズ。


通勤時間中も有効に使って美脚をゲットしましょう!
移動中も美脚のためのエクササイズを行って、有効利用しちゃいましょう。
電車の中で立っているときや、エレベーターを待っているときには、アキレス腱とふくらは
ぎを動かして足首のクビレをつくりましょう。






>> 細くなりやすい脚をつくる マッサージの手順