◆セルライトを改善する〜セルライトをなくすには

セルライトは、できてしまってからそれをなくすのはなかなか時間もかかり厄介です。
その改善には自然治癒力を利用しながらその組織構造を変えていかなければなりません。

長い時間の間にできたセルライトを改善するにはやはり長い時間を必要とします。
まずはできないように予防することが大事ですが、すでにできてしまっているとしても、まずはセルライトの原因となった日常の生活習慣を改善してこれ以上進行しないようにすることが大切です。

またセルライトのできる主な原因のひとつはむくみなので、むくみ対策をしっかりとしましょう。

しかしセルライトができてしまったとしても、重度のレベルでなければ充分改善されます。

セルライト改善の基本は適切な減量と適当な運動といえるでしょう。

脂肪細胞から脂肪をすこしでも追い出すのと同時に、適当な運動をすることで血液やリンパ液の流れが活発になることで随分と改善されます。

また、しっかりと睡眠時間をとることや偏らない食事も重要です。
とくに塩分過多な食事には気をつけなければなりません。

質の良い睡眠やビタミン群は、セルライトの原因のひとつであるむくみを改善したり、代謝をスムーズにしてくれます。

ゆっくりと入浴して血行をよくしたり、マッサージを行うことはとても有効です。

エステサロンなどでエンダモロジー(マッサージ効果を持つセルライト解消のための機械による施術)等を受けるのもひとつの方法ですが、忘れてならないことは生活を改善しない限りセルライトはまたできてしまうということです。

また費用的な問題もあります。
美容外科では、脂肪細胞から脂肪を追い出す成分の局所的な注射(脂肪融解注射、メソセラピー、ライポディソルブ、等と様々な呼び方をされるようです)や、脂肪吸引等を行って、脂肪細胞ごとセルライトをとってしまう方法(それでも100%改善するわけではありません。特に脂肪量が多い場合や、皮膚がもともとたるんでしまっている方の場合には、効果がでないこともあるといいます)といった治療法も存在します。

ただ、これらは多少痛い思いをしなければならない場合や、リスクもゼロというわけではありません。
また手術の費用も場合によってはかなりの負担になることもありますので、ここではあくまでも参考までとしてください。

やはり基本であり王道は食事と運動を含めた日常生活を変えることです。


セルライト・冷えとむくみ
セルライトがある人は、冷えとむくみも感じているひとがほとんどです。
この3つは三位一体といえるものです。

また、実際にセルライト診断をする際に、皮膚温を関知する接触型のサーモブラフィーで調べてみると、セルライトのひどい部分は温度が低いことがわかっています。

セルライトは血管やリンパを押しつぶしているわけですから、その部分の血流がわるくなり、冷えを起こすのも当然といえます。

「私はセルライトなんてないわ」と思っている人でも、 むくみと冷えがあれば、そこにはセルライトが隠れている可能性があるはずです。






>> セルライトを改善する セルライトのできる順序