◆O 脚を改善する〜O脚とは

一般的に日本人女性は、O脚の方が多いと言われています。
逆に欧米ではX脚が多いとも言われています。

O脚とは、ひざを中心として外側に湾曲してO字型になっている状態を言います。
医学的には大腿骨と頸骨がつくる角度(FTA)で診断します。

簡単なチェックであなたのO脚度を調べてみましょう。

1.両足をそろえて直立します。
2.背筋をのばしたままお辞儀をする要領で腰から上を曲げていきます。
3.両膝の間に指を差し入れます。

このとき横にそろえた指(人によって指の太さが微妙に違いますがここでは考慮に
入れないことにします)がひざの間に何本入るかで判断します。

1〜2本: 正常範囲です
3本: 注意が必要です
4本以上: O脚の可能性大です

O脚になると体重が膝関節に集中するために、膝の軟骨にダメージを与え将来的に「変形性膝関節症」という病気の原因にもなるので注意が必要です。

O脚は、先天的な原因や疾病によるものの他はたいていの場合、日常の生活習慣による骨盤のゆがみや筋肉の発達のアンバランスなどによるものがほとんどです。

後天的原因によるものは、日常の生活習慣(主に姿勢や歩き方など)を意識的に改善
することによりその症状も改善されると考えられます。

O脚のひと多くは、骨盤の歪みをともなっていることも多いです。

座骨間が大きく広がり、骨盤が平たくなっています。
正常な体型は、横から見たときに外くるぶし、胴、肩、耳の中心に垂直線が通ります。

O脚の人は全体に反り身。
顎がつきだし、出腹、出尻になっています。

こうした骨盤のゆがみは、全身の骨格のゆがみにつながることも多く、O脚だけでなくそのほかの場所や体調などにも影響をおよぼす事も少なくありません。

その影響により内臓の働きが衰え、便秘がちになることも。

またホルモンのバランスにも影響し、生理不順の原因になることもあります。

加えて、下半身の血行も悪化し、新陳代謝が鈍り、冷え性や下半身太りを招きます。

もちろん脚の形も悪くなってくるので、ストレッチなどでゆがみを整えましょう。

また、無理な体勢を維持するために、骨盤のゆがみは周りの筋肉のつき方にも影響します。

ゆがんだ位置でバランスをとるため、筋肉が偏った発達をしてしまうのです。

O脚の人の太ももや、足首が外側に張り出してしまうのはそのためです。

つまり脚の外側の筋肉ばかりを使ってしまう結果、そうなってしまうのです。

「骨が曲がっているのでO脚が治らないんです」
と言われることがあります。

本当にそうでしょうか?

いままでの解説を読んできたあなたにはもうお分かりですよね?

そうです。
本当に骨が曲がっているためではなく骨盤が歪みや、筋肉にクセがついていることが原因で脚が曲がって見えることが多いのです。

姿勢や歩き方にクセがあり、骨盤や筋肉が歪んでしまい、結果、脚が湾曲しているように見えるというわけです。

ですから姿勢や歩き方を変えれば、骨盤や使われる筋肉も整い、脚のラインも整ってくるといえるのです。






>> O 脚を改善する ストレッチ