◆細くなりやすい脚をつくる〜マッサージの手順

順序としては、まず主要なリンパが集中するところをあらかじめ刺激しておき、次にリンパの流れに沿ってからだの末端に近いところから中心に向かってマッサージしていきます。

この「末端から体幹部へ」の方向は必ず守ってください。

順序としては以下の通りとなります

1.始める前の準備運動
床に脚を伸ばしてすわり、力を抜いて軽く膝を曲げ、10秒間左右に軽くゆすります。
充分に脚をリラックスさせてあげましょう。

筋肉は性質として叩くと固く縮み、揺するとリラックスします。

2.(準備マッサージ)左の鎖骨の周囲をマッサージします
下半身のリンパは、左側の鎖骨周囲にあるリンパ節が司っていますので、ここを丁寧にマッサージすることで下半身の余分な水分が体外に排出されやすくなります。

3.(準備マッサージ)次に太ももの付け根を丁寧にマッサージします
ここは下半身の中で最大のリンパの集まるところですので、特に丁寧に行いましょう。
立てひざでソファによりかかるとか、あぐらを組むなどリラックスできる姿勢で行いましょう。

4.足首をマッサージします
両手で包み込むようにしながら指先からふくらはぎの中間くらいまでさすり上げます。

5.ふくらはぎをマッサージします
アキレス腱の上からひざ裏までさすり上げます。

6.すね(前面)を足首から膝まで、上に向かってマッサージします
すねの骨(脛骨)にそって手のひらで円を描くようにしながら、皮膚を動かしてあげるようにさすり上げていきましょう。

7.ひざ裏をマッサージします
膝の裏にはリンパ節があり下半身のリンパの流れをよくし、むくみを解消するための重要なポイントですのでしっかりマッサージをしましょう。

とくに膝の周りのむくみやたるみが気になるひとは念入りにケアしましょう。

7.ひざのお皿周囲をマッサージします
膝のお皿に沿ってマッサージします。

8.ふとももをマッサージします
むくみがやがて脂肪と関係して、セルライトへと変化しやすい部分ですので、しっかりとケアしてあげましょう。

太ももの外側 ⇒ 内側 ⇒ 裏側 と移動していきます
全て最終的にソケイ部へとリンパを流し込んでいくイメージでおこないます。

寝る前のリラックスタイムでは、仰向けに寝転がり、もしあればフットピロー、なければクッションなどで脚をしばらく高くしておくとむくみが早く引きます。

*注意*
次のようなひとはマッサージを行わないようにしましょう。

・脚に発疹、潰瘍等皮膚の疾患が有る時
・捻挫、靭帯の損傷や骨折をしている時
・発熱、感染症、血栓症、静脈炎、リウマチ、関節炎を患っているひと。
・重度の心臓病やがん、手術直後、てんかん、高血圧のひと。
・過労、過度の飲酒時
・妊娠中のひとは必ず医師にご相談の上行ってください。

◆マッサージを行うときは左右同じ回数を行いましょう
◆マッサージオイルなどは各自の好みで使用してもしなくてもOK です。
◆体調によりまれにマッサージ中に疲労を覚えることがあります。
その場合は無理に続けず直ちに中止しましょう。
◆食後2時間以内はマッサージを行わないようにしましょう。






>> 細くなりやすい脚をつくる 左の鎖骨部が重要な理由