◆細くなりやすい脚をつくる〜シャワーでリンパの流れを浴す

リンパは皮膚の表面に近いところを流れていますので、シャワーの水圧でも充分にマッサージの効果が得られます。
毎日使用するシャワーですから利用しないのはもったいないですよね。

・まずは下着の跡をチェックします
跡がついているということは下着による締め付けでリンパが滞っていた証拠です。
跡のついた皮膚をやさしくさすり、ある程度下着の跡が消えてきたらシャワーマッサージを始めましょう。

・左の鎖骨からが基本です
1.鎖骨の斜め上方から強めの水圧で外側から内側に向けて丁寧にシャワーしていきます。

2.太ももの付け根(ソケイ部)にシャワーを当てながら、もう一方の手で軽くマッサージします。

3.足の甲からくるぶし周辺をシャワーし、そのままアキレス腱へとシャワーしていきます。

4.足首からアキレス腱を通って、ひざ裏へとシャワーをあてましょう。

5.そのまま、太ももの裏側をシャワーマッサージしていきます。

6.裏側全体に水圧がかかるようにしながら、太ももの付け根(ヒップとの境目)までシャワーしていきましょう。

7.次に太ももの内側をシャワーします。膝から内ももを通りソケイ部に向かって水圧でリンパを流していくイメージで行いましょう。

8.最後にもういちどソケイ部にシャワーをあてて仕上げです。
<<美脚パーフェクトプログラム>>


バスタイムの応用小ワザ
一人暮らしのアパートで、シャワーしか部屋についてないとか、今日はバスタブにお湯をはる時間がないときは「足湯」がオススメです。

洗面器に44〜46度のお湯を張り、足首までつけます。
そのまま10〜15分くらいで疲れもスッキリ。

寒い時期はお湯が冷めやすいので足をつけた後、洗面器ごとラップでふたをするという方法もあります。

足湯専用の器機も販売していますのでそれを利用してもOKです。
そのまま足が冷えないうちに手早くお手入れをしましょう。






>> セルライトを改善する 原因とメカニズム